美容外科看護師の役割とは?

美容外科看護師と病院看護師の違い

同じ看護師でも美容クリニックに勤務する場合と病院で勤務する場合は違いがあります。 美容クリニックは(1)患者様のスタンスと(2)看護師の働き方の二つの側面で病院勤務とは異なります。
看護師パートの悩み-髪型

1番目は患者様のスタンスになります。美容クリニックに来院される患者様のイメージを考えてみましょう。病院のように怪我や病気を治療する目的ではありません。自分の身体の健康的なパーツをより一層綺麗にしたい目的をもっています。

施術に対してシビアな目で見ていますし意識や向上心や心構えもとても高い客層が中心です。 来院される患者様は<治療を受ける>という感覚ではなく<サービスを受ける>と言った方が正解だと思います。

美容クリニックに勤務する看護師は、患者様に居心地の良い環境を提供する旺盛なサービス精神が期待されています。そして培われたコミュニケーションスキルは接遇能力の高さとして身につきます。 転職をする場合にも美容クリニックで長年仕事をしてきたという経歴は高評価になるでしょう。

2番目は看護師の働き方の側面です。 特徴点は<残業が少ないこと>と<夜勤がないこと>です。 美容クリニックでは基本的には予約制をとっています。 病院のように急患が来院されることはありませんから定時に仕事が終わることが多いです。

プライベートな時間を大事に考えたり看護師には理想的です。 患者様がコンプレックスや悩みに打ち勝って、生き生きと前向きに変化するプロセスを実感できるのは美容クリニックで勤務する醍醐味とも言えましょう。

特別な資格が必要になることもなく看護師資格があれば誰でも仕事ができます。 手術室経験や採血・注射・点滴などの手技テクニックがあれば優遇されます。 未経験でも大抵のクリニックは研修をしますし実際の業務で覚えていけば良いという考え方です。

一般病院以上に高いサービス精神やコミュニケーションスキルを要求されます。 美意識が高いかどうか・人と話をするのが好きかどうか・笑顔が素敵かどうか――こういった部分が経験やスキル以上に注目されます。 患者様の対応や医療器具の洗浄や滅菌など病棟経験が活かせる職場だと思います。

ナースバンクを看護師の転職に役立てる方法

仕事を探す時にはハローワークを利用するのが一般的です。 ハローワークに行けば希望の条件を聞いたうえでそれに合う職場を 探してくれますし、利用も無料ですから多くの人が訪れています。 看護師の場合はハローワークでも仕事を探すことはできますが、 ナースバンクという看護師に限定した施設の方がより仕事を 探しやすいのでおすすめです。

看護師の仕事を探したいなら、ナースバンクに登録するとたくさんの 求人情報を検索することができます。 もちろん仕事を探すうえでの悩み事があれば、窓口で相談することもできます。 ナースバンクは日本看護協会が運営しており、相談員も看護師の資格を 持っていますから、専門的な話も聞くことができます。

また転職したくても自分が十分なスキルを持っていないので不安だったり、 長期間ブランクがあるので復帰をためらっているような場合、 ナースバンクで研修を受けることもできます。

研修内容は多岐にわたっていて、知識を再確認するような研修もあれば、 技術を向上させるものもあります。 またリーダーシップを身に付けるような研修もありますから、 自分のスキルと照らしあわせて良さそうなものを受けてみるとよいでしょう。

現在仕事をしている看護師の方は、ナースバンクで相談したい場合には 窓口が開いている時間に行かなければなりません。 基本的に平日のみで、時間も日中に限られますので、ナースバンクに 行くことが難しいという人もいるでしょう。

もし求人を見るだけでよければ、ネット上でも情報を検索することができます。 e-ナースセンターというサイトに登録すれば、パソコンから求人情報を見たり メッセージのやりとりをすることもできて便利です。

このようにナースバンクは看護師専門の求人に対応しているので 看護師にとって利用しやすいものです。 でも民間の看護師専門転職サイトと比べると、サービス面では やや物足りないと感じる人も多いかもしれません。

転職サイトでは希望する病院への応募や結果の確認なども すべてサイト側が代行してくれますから、利用者はあまり 手間がかからないのです。 でもナースバンクにしか公開されていない求人情報もありますから、 賢く利用するのもよいでしょう。

メニュー
美容外科看護師